Blog

    今度は常時、蛇口からの水漏れですよ。
    この家は本当に、こっち壊れあっち壊れ!

    きちんとコックをひねっても
    ぼたぼた水が止まらん(ー_ー)

    ちなみに何処かというと、
    キッチン、バスルーム、どちらもです 爆笑








    さて、今回はついにルート66から卒業して、
    『グランドキャニオン』の投稿をするよー!


    前回のルート66スポットの『Williams』から、北へ1時間ほど。

    グランドキャニオン

    登ったり下ったりすること無く、ただひたすら平坦な道をまーーーーーっすぐ。

    グランドキャニオン

    そうすると、空港に近いのか急に街っぽくなり、
    入場口が。

    グランドキャニオングランドキャニオン

    グランドキャニオンはどデカい国立公園なので、
    公園入場料25ドル(車1台)を払う。


    もーばっちりしっかり整備してあって、
    シャトルバスもじゃんじゃん、
    広い駐車場もたくさん!

    さすが天下の観光スポットだぁ〜

    グランドキャニオングランドキャニオン


    駐車場に車を停めたら、
    ほんの5分ほど歩くだけで、

    もったいぶることもなく、、、、

    グランドキャニオン

    じゃーーーーーーん!!
    なんじゃこりゃーー!!

    まさに、キャニオン!渓谷!

    いや、Lenaさん的には、
    地球のヒビ割れ!!!!!

    グランドキャニオングランドキャニオン

    人と対比してみると、こんな感じ。

    グランドキャニオン

    私も行って動画を撮ってみた。



    なんてこった、壮大である。




    そして上でも書いたけど、グランドキャニオンはどデカい。
    だから、キャニオンを見下ろすスポットは何箇所かあるのだ。

    グランドキャニオン

    時間があればあるほど、

    ・各スポットを巡る人
    ・下まで下りてハイキングをする人
    ・急斜面を乗馬する人
    ・底のコロラド川を川下りする人
    ・上空からヘリコプター遊覧する人

    、、、などなど遊びは尽きない。

    逆に短いツアーなんかではさっきの動画の『マーザーポイント』だけ見て次の目的地へ向かったりする。


    残念ながら、私は前のルート66スポットでキャーキャー言っていたので、
    あまり時間がなかった・・・! 笑

    だから、日の入りがオススメと言われているもうひとつのスポット、
    『ヒポポイント』で一日を終える事に♪
    シャトルバスで向かうと、やばい!もう陽が落ちそうやん!

    グランドキャニオン

    滑り込みセーフで、
    この日やりたかった『浴衣でグランドキャニオン』を無事遂行ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ



    あぁ〜コロラド川も写って綺麗だ!
    キャニオンも太陽も川も大きいな〜!

    素晴らしい景色に、しばし圧倒されながらも、
    下を見てると吸い込まれそうになるので

    皆さん気をつけましょう。




    さて、日の入りはしたけども、まだしばらくは明るいので、
    浴衣を脱いで撮影撮影。





    事前調べで書いてあったんだけど、
    やっぱりグランドキャニオンは朝夕の日が傾いて、影がある方がカッコイイ。

    真っ昼間の陽は谷底まで照らして
    少しのっぺらぼうに見えるかも?

    それでも十分な迫力なんだけどね!


    最後はお土産屋さんへ!
    グランドキャニオンから手紙を出せるんだって〜
    粋だね〜

    グランドキャニオン

    で、お土産屋さんに入ろうかしたら1分前に閉店だってよ、
    あちゃーーー(ノ∀`)

    グランドキャニオン

    日本語で歓迎されてたので、外からで我慢です。

    こうしてLenaさんのグランドキャニオン観光は終了。

    シャトルバス待ちでいそいそと浴衣を着だす日本人は
    少し奇妙であったとは思うけれど、
    隣にサリーをまとった女性も居たので、
    同じ民族衣装だと思えば自分を納得させられました(*ノω・*)


    2箇所からの眺めだったけど、
    迫力満天で大満足やった!!

    死ぬまでに見れて、ありがたや〜


    次は何処行くかって??


    それは次回のお楽しみだぜーぃ(*´艸`*)


    2017/08/23(水) 17:59 記事URL COM(0) TB(0)

    コメントフォーム

    以下のフォームからコメントを投稿してください