Blog

    さて、身近な桜も続々と芽を吹きはじめ、
    春らしくなってきました。


    でも夜はまだ寒いな〜
    依然私は毛布2枚ですわ、変温動物なんでね( -_-)


    という事で今日はついに本当の本当の香港旅行ラスト!
    皆さんに幸せをお裾分けしたいと思います♪

    というのもこの村には幸せの〇〇があるからー♡
    その正体は後ほど、、、


    ゴンピンからバスで30分ほど山越えすると、
    昔ながらの漁村、『大澳』タイオ―
    に辿り着きます。

    タイオー
    タイオー


    ここは海と人の生活が密接で、
    水上家屋の高床式住居「棚屋」が特徴的。

    昔ながらの香港が今もなお残っています。

    ↓クリックすると写真が大きくなります。
    タイオータイオー

    錆びに強いのかな?
    専門的なことはわかんないけど、銀色の家が多くあったよ!


    近年は観光場所として有名で、
    私が行った時もたくさんの観光客がいた〜。


    タイオー



    この村のマーケットでは魚介類がたくさん路上に並び、
    レストランや食堂も多くありました♪

    タイオータイオータイオー

    日本は魚介類を持って帰ることが出来ないので
    その場で食べるしかないのだけど、


    お腹壊さないか心配だったからパスしちゃった 笑



    その代わり香港小食、
    つまり名物のおやつを頂きましたよ♪

    まずは『香妃巻』
    お店の人が目の前で焼いてくれて、
    焼きたてが食べれる中華ピザ。

    タイオー

    お好み焼きともまた違う感じ、うーん、
    言うなればビターなお好み焼きソースって感じ?

    食感も中にパリパリが入ってて軽ーい口当たりです。
    焼いてるところは下のスライドの動画で見れます。

    うん、うまし。



    そしてそのお隣のお店も行列だ〜。
    ここはベーカリーだそうで、
    名物は『沙翁』

    軽い揚げパンに砂糖をまぶしーーー
    絶対美味しいやろそれ、
    って思いましたがその通り美味しかった 笑


    動画どぞ♪






    いや〜いいおやつになったー♪♪


    さて、それを食べ食べ歩いて行くと
    繁華街を抜けて静かな住宅街へ。


    あーこんな暮らししてるんだな〜って
    素の顔を垣間見た感じ。

    タイオータイオータイオー


    お年寄りが集まってテレビ見てたり
    ドアふつーに開いてたり、

    のんびりしてる〜〜


    さて、そろそろ幸せを見にいきましょー!

    世界では4ヶ国で見ることが出来て、
    ここタイオーはその内の1箇所。


    見れたら幸せになれるというのは、、、







    そう、ピンクイルカ!!

    え、ピンク色のイルカっているんだー!
    って初めて知った← 笑

    しかもピンクイルカは絶滅危惧種らしく、
    数が少なくなってしまったらしい(>_<)
    かわいそう、、、


    という事で、
    船に乗っていざ沖合へ。

    タイオー

    しばらくそれらしきものは見えず、
    ビデオ回してたら撮れるかなーって思って待ってたら!

    いたっ

    タイオー


    いたいたいたいたーーーー!
    写真で分かるかなー?
    思った以上にピンクだ!

    日によって船の下を通ったりするらしい。
    とても人懐こいピンクイルカ。

    スライドで動画あります♪



    感動ーー♡
    姿を見れただけでもとーーってもハッピーになれました♡
    あー幸せ♡

    あーこれだけお祈りして
    ピンクイルカも見れれば、こりゃ2019年健康になるな。


    うん、確信 笑


    この幸せが皆さんにもお裾分け出来ますように(*´∀`*)







    と言うわけで一気に気分が良くなり
    お気に入りの場所となったタイオー。
    香港旅行の良い締めくくりとなりました♡


    夕食はホテル近くに戻って点心で締め、
    次の日の帰国に備え。

    始まりはぎっくり首から始まったものの、
    事故もなく安全に負えられた香港旅行。


    長らくお付き合いいただき
    ありがとうございました 笑



    引き続きLenaさんの自己中ブログをよろしくおねがいします 爆笑
    みんなに幸あれーーーー!!

    タイオー
    2019/03/28(木) 02:52 記事URL COM(0)

    コメントフォーム

    以下のフォームからコメントを投稿してください